ブログトップ
あとは遠藤だけ
本田・前田・岡崎…日本、3発でオマーンに快勝

サッカー・2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選B組 日本-オマーン(3日・埼玉スタジアム)- 5大会連続の本大会出場を目指す日本が、3-0でオマーンを破り、快勝発進した。立ち上がりから試合を支配した日本は12分、長友のクロスを本田が左足で合わせ先制。その後はゴール前を固めるオマーンをやや攻めあぐねたが、後半も圧倒的な球の保持率は変わらず、前田、岡崎が得点を重ねた... (Yomiuri.Online 2012.6.3
W杯最終予選って、ハラハラ、ドキドキがお決まりなのに、今日のオマーンはあまりに弱過ぎて日本代表の真価を判断するには参考になりません。

それにしても、ここぞの試合での本田はさすがにやってくれます。やっぱり最終予選突破のカギは、(香川より)この人の出来次第にかかってくるでしょう。

ただ、快勝の中にあっては遠藤の劣化傾向が唯一の気がかりです。今季のコンディションの悪さはJの試合ても明らかなんですが、原因は何なんでしょう? 今日もただ短いパス交換に終始してたと思ったら挙句にパスミス。思えば4年前、俊輔の調子が上がらず、結局そのまま戻ることがなかったこととちょっとダブってしまいます。遠藤のようなタイプは年齢的に急激に衰えるものではないと思うんですが。。

オマーンと違って、ヨルダン、イラクは縦を突いてくる展開が予想されるので、今の遠藤見てるとちょっと不安ではあります。細貝、高橋を本気で準備していたほうが......

いやいや、おそらく今は(周りを活かすため)あえて影を潜めたふりの遠藤。
中東アウェーでの逆境の中、必ずや遠藤の右足が起死回生を生む場面がやって来る。そう信じましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2012-06-03 23:50 | Sports | Comments(0)