ブログトップ
ふつうわからんだろ
菊地容疑者と同居の男供述 2年前「克也容疑者に会った」

1995年の地下鉄サリン事件の殺人、殺人未遂の疑いで警視庁に逮捕された元オウム真理教信者菊地直子容疑者(40)が相模原市の潜伏先近くで「櫻井千鶴子」の偽名を使い、介護ヘルパーをしていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は同日、菊地容疑者と同居し、かくまったとして、犯人蔵匿の疑いで自称会社員高橋寛人容疑者(41)を逮捕し、築地署に捜査本部を設置。菊地容疑者が潜伏していた相模原市緑区城山3丁目の高橋寛人容疑者宅を家宅捜索した。捜査関係者によると、高橋寛人容疑者は約2年前、菊地容疑者が以前住んでいた川崎市幸区のアパートの部屋で、特別手配中の元信者高橋克也容疑者(54)に会い、逃亡生活の話を聞いたと供述。約6年前、菊地容疑者がこのアパートから引っ越す際にも高橋克也容疑者を目撃したという... (SponichiAnnex 2012.6.4
b0024824_22174366.jpg愛して結婚まで考えた女があの菊地直子だったとは、この同居人にしたら、さぞ葛藤があったことでしょう。これはもうドラマを超えた人間模様です。素性がわかった当時はもちろん高額の報奨金はかけられていたわけで、おまけに今日の報道ではもう一人の高橋容疑者も直接目撃している。その時点で関係解消して警察に通報して大金せしめることもできたのに、それでも裏切ることはできなかった。この男の人生の悲哀を感じずにはいられません。


これで2時間ドラマ、「菊地直子、愛と背徳との狭間で生きた17年間」決定です。

それにしても、今回逮捕に結びついた通報をした人は「目元がよく似ていた」ということなんですが、公開された写真見ても、これでピンとくるなんてアンタは神の眼力ですか? 普通ありえんでしょ。
この通報者って、元身内じゃなければ、報奨金ほしさであたりかまわず警察に電話するマニアの人でしょ、絶対。
まあ、1000万ゲット、おめでとうございます。

あたしゃすれ違っても、橋下市長に論破された香山リカにしか見えません。
[PR]
by karl.helmut | 2012-06-04 23:25 | News | Comments(0)