ブログトップ
日本開催のハンデもらっても五輪は遠くになかりけり
バレー日本男子、中国に完敗…ロンドン五輪出場苦しく

バレーボールのロンドン五輪世界最終予選兼アジア予選男子大会第4日は6日、東京体育館で行われ、世界ランキング15位の日本は同10位の中国に1-3で完敗して2敗目(2勝)を喫し、勝ち点5で5位に後退した。2大会連続の五輪出場は苦しくなった... (Sanspo.com 2012.6.7
可能性はゼロではないんだけど、これはもう事実上終戦決定でしょう。

でも落胆は全然してません。この結果は大会前から織り込み済み。残りも、オージー×、プエルトリコ○、イラン× の結果が順当でしょう。
大会を相も変わらず必死に盛り上げようとしているフジ、TBS、ジャニタレ(セクシーゾーン)の皆さん、虚しい努力お疲れさまでございます。

(中国が開催国出場ということもあって)4大会ぶりに出場できた前回の北京五輪では1勝もできずに惨敗。五輪出場が当たり前だったのももう遥か昔の思い出になってしまいました。日本だけ完全ホーム状態のイカサマ大会でやっても、今やアジアの中でさえイラン、中国、オージーの後塵を拝している現実を知ってれば、この男子の結果は何ら悔しささえ感じません。

女子が木村沙織の一人エース頼りなのと同様、男子も福澤一人に頼っているところが既に限界。あとやっぱり高さがないところは致命的。

♪♪ 清水もいらなきゃ、石島もいらぬ、日本にゃも少し背がほしい~ ♪♪

古すぎてスミマセン。
[PR]
by karl.helmut | 2012-06-06 23:21 | Sports | Comments(0)