ブログトップ
中途半端な風見鶏
原口元総務相は「離党せず」 仲間も「説得中」

消費税増税法案の衆院採決を棄権した民主党の原口一博元総務相(佐賀1区)は1日、小沢一郎元代表らに同調して離党する考えがないことを明言した上で「離党者を少なくするため(仲間の)説得を続けている」と述べた。佐賀市内で記者団の質問に答えた。原口氏によると、衆院採決後に、小沢氏から「われわれの柱になってほしい」と要請があった。その際に「党を割るべきではない。小沢力を生かすために党に残ってほしい」と断ったという。小沢氏が会長を務める勉強会「新しい政策研究会」は既に退会した。採決を棄権した理由については「大増税をできる時期でなく、党内の議論のプロセスも納得できなかった。今後は選挙での公約を守れる政党になるよう民主党を鍛えたい」と話した。(Sankei.jp 2012.7.1
いつも外ヅラを気にしているだけで、やることなすこと中途半端で風見鶏のアンタのことなんて、もうまともな人は誰も期待も相手もしてません。

言うことがクルクル変わるところはポッポ鳩山さんと同じだし、ピーピー目立ちたがりで五月蠅いところは、あの自民党の山本一太と同類。(ついでに政界での小物ぶりも二人は際立ってます)

そんな度胸も信念もないアンタに小沢さんが本気で頼るわけないでしょ。アンタも駒ってところにいい加減気づきましょう。

「われわれの柱になってほしい」
→ 「われわれの人柱になってほしい」


もしくは
→ 「われわれのパシリになってほしい」

の聞き間違いです。

重要法案に(賛成も反対もできず)棄権するような小心者は国会議員には不要です。九州男児の風上にもおけないヤツなんで、佐賀1区の皆さん、次の選挙でお仕置きヨロシクお願いします。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-01 23:36 | Others | Comments(0)