ブログトップ
壊し屋の終焉
「小沢氏は終わり。残念だ」渡部恒三氏

民主党の渡部恒三最高顧問は3日、小沢一郎元代表を除籍(除名)とする処分方針が決まったことについて「才能ある政治家だけど、これで終わりだろう。寂しい。残念だ」と国会内で記者団に語った。前原誠司政調会長は記者会見で「民主党に残る者は、政権交代に期待した民意に応えるため、今まで以上に頑張るしかない。結束をより強めることが大事だ」と訴えた... (Nikkansports.com 2012.7.3
思い起こせば、そもそも民主党のマニュフェスト違反は、政権発足直後に小沢幹事長自らガソリン暫定税率の撤廃を破ったことから始まっていることを我々は忘れてません。その後も高速道路無料化、普天間県外移設、八ッ場ダム建設中止、最低保証年金導入、天下り根絶.... ことごとくマニフェストを破っておきながら、消費税のときだけ「マニフェストを守れ」って、一体どの口が言うんでしょう? あの時に「マニフェストを守れ」と言わなかった連中に、今更「マニフェストを破るのはまかりならん」などと偉そうに言う権利はありませんよ。しょせん、来る総選挙目当てであろう反対であることは大多数の国民はお見通しです。

ただ、今回の一連の離党に至る賛否はともかく、小沢グループの多くは離党という形で筋を通したとは思いますが、次に非難されるべき者は、増税採決で造反(反対・欠席)していながら党内に居座る日和見主義者たちです。こいつらが異口同音に口にする「党内融和が優先」、「党内から民主党を立て直す」って? ヘタレ者のあんたらに一体何ができるの? もう笑っちゃいますよ。

それにしても小沢一郎という人間、壊し屋と言われ続けて20年、何度時代を繰り返せば気が済むのでしょうか?
彼に追随する側近、同志も回を重ねるごとに劣化をし続け、今回追随する議員は本当に雑魚ばかり。無名、無力の新人議員だらけの集まりでは、さすがに戦いを挑む前に既に詰んでます。

今思えば、新進党を解党した時に、小沢さんの野望実現の可能性は潰えていたのかもしれません。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-03 23:26 | News | Comments(0)