ブログトップ
落としどころは...
「石原抜き交渉」に思惑も = 中国、表向きは強く反発 - 尖閣国有化方針

日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化方針を固めたことについて、中国外務省報道官は7日、「日本側の一方的な措置は違法かつ無効」と強く反発した上で、「中国政府は必要な措置を取り続ける」として対抗措置も示唆した。ただ、中国政府内には「中国に挑発的な態度を取る石原慎太郎都知事を抜きに、日本側と交渉した方が両国関係の決定的悪化は回避できる」(共産党筋)という思惑もあり、今後の日本側の出方を見極める方針だ... (jiji.com 2012.7.7
ここにきて急に野田さんが国有化を言いだしたのには、裏で中共の意向を酌んだ政治判断があるのかもしれません。(だって民主党政権だもの)

もし国が購入しようものなら、今後も今のままの尖閣諸島で放置する以外何もしない。それでいて、日本人が不法上陸した場合は即刻退去、へたすると禁固刑とかなのに対して、中国人の不法上陸はお咎めなしというようなおかしな構図が半永久的に続くことでしょう。東京都が購入、管理するのに比べれば、これは中共も実質黙認可能なシナリオ。

もし東京都が購入した場合は、都には多くの離島を管理するノウハウがあると言及していたように、尖閣諸島もそれこそ実効支配を何らかの見える形で行うはずで、石原さんなら港湾施設を整備するだろうし、場合によっては人を常駐させようとするかもしれません。でもこれは中共が絶対に避けたいシナリオ。

ただ現状では地権者が直接国に売ることはないようなので、いったんは東京都がやっぱり購入することになるでしょう。問題はその後で、すんなり国へ転売できるかということ。現時点で(13億円以上にも達している)都が尖閣を購入する前提で寄付を行った多くの憂国の士にしてみれば、今まで弱腰外交で何ら手を打ってこなかった国に売り渡すのならそりゃ話が違うじゃないかということになるでしょう。

こうして見ると、最終的には国と東京都の共同管理ってとこで、日本的な曖昧な落としどころを目指すのかもしれません。まだまだ今後の展開は要チェックです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-07 23:39 | Life | Comments(0)