ブログトップ
またコイツか
中国公務員、受け入れ覚書 福岡市に抗議相次ぐ

技術流出などおそれ

中国から年間800人規模の公務員研修受け入れを表明した福岡市の高島宗一郎市長は6日、訪問先の北京で、研修受け入れに関する覚書を中国国家外国専家局と交わした。一方、高島市長が「地球は一つ。海水の淡水化技術などをすべて公開する」と述べ、目的もあいまいな研修受け入れについては3日の発表以降、不安を感じる市民などから市への抗議や批判が相次いでいる... (Sankei.jp 2012.7.7
高島市長が「地球は一つ。海水の淡水化技術などをすべて公開する」と述べ、

国として先端技術や知的財産の保護が当たり前のご時世では考えられない発言。誰か、このおバカ市長の口をふさげよ。

一昨年の福岡市長選で、民主推薦の当時現職の吉田市長に何としてでも勝つために、誰でもいいからとにかく知名度のある候補として自公が擁立して当選したのが、当時KBCの局アナだったこの人。この前、市職員に対して思いつきで例の自宅外禁酒令を発令、そして今度はこの技術流出容認発言。でも、このおバカ市長を当選させた福岡市民にも責任は大ありです。

ちなみにこの高島市長、2009年に社会人入試で九州大学大学院に入学して、現在、学歴ロンダリング中です。

記者「中国人公務員によるスパイ行為を想定してないんですか?」

高島市長「想定する必要はないです。だって私が中国のスパイなんですから」


まあ、想像するにおそらくそんなとこでしょう。

中共にとって、この程度のバカな日本人を取り込むなどは朝飯前のことだろう。まさか、中洲の中国人パブかどっかでハニートラップでもかかったんじゃないだろうな。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-08 23:20 | News | Comments(0)