ブログトップ
これから我慢比べの第二ラウンドへ
「WBCに出場せず」プロ野球選手会が決議

労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)の臨時大会が20日、大阪市内のホテルで開かれ、来年3月に開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、「参加国の当然の権利である代表チームのスポンサー権、日本代表グッズのライセンシング権を、参加国に認めないという参加条件を主催者が変更するまでは、WBCに出場しない」とする決議を、全会一致で採択した。(中略)
新井会長は大会後の記者会見で、「ファンもWBCに出てほしいと思っているだろうし、選手も出たいと思っている。しかし、我々の要望に対し、主催者側からは何の返事もなかった。これからの世代のことも考えて苦渋の選択をした」と述べた。(Yomiuri.Online 2012.7.20
とは言うものの、日本サイドも機構側(NPB)は参加する意向を変えてません。いよいよ混沌とした様相を呈してきました。

アメリカの主催者側はWBCの開催目的を「野球の国際的普及のため」とは言っているものの、これはあくまで建前のこと。実態としては「WBCは商業主義」、「WBCは(メジャー選手の多くが不参加という)単なる花相撲」という事実はほぼ周知のことです。

そして日本を見ると、国内の野球人気に陰りが出ていることに危機感を持っているNPBに対して、WBCへの多くの日本企業スポンサーを見て、日本プロ野球の存在感を疑わない選手会があって、その微妙な認識の差が今の立場の違いに繋がっています。

選手会が強気で主張している利益分配の言い分もわからなくはないけれど、日本企業のスポンサーは、今や日本のプロ野球自体にはあまり魅力を感じてはなくて、WBCという日本代表として参加するイベントだからこそ興味を持っている(金を払う)ようなものです。

いずれにしても今日の選手会の声明を受けて、これからが主催者サイドとNPB(+選手会)との第二ラウンドの始まりです。本音では日本不在の開催は(収益上)どうしても避けたい主催者側と、おそらく予想以上のファンからの失望感を受ける選手会側。どちらがその苦境に耐えられなくなるかの我慢くらべといったところでしょう。

決着予想としては、NPBが参加の立場をとっているだけに、選手会のメンツを少し立ててもらった(若干の収益配分率の見直し)上での日本参加に落ち着くと読み解いていますが、さてどうでしょう?
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-20 23:51 | Sports | Comments(0)