ブログトップ
自民党のルーピー
中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言

自民党の石原伸晃幹事長は11日夜のテレビ朝日番組で、政府の沖縄県・尖閣諸島の国有化に関連し、領有権を主張する中国側が「攻め込んでくるのでは」と問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言した。国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈した格好だ... (Sankei.jp 2012.9.12
昨夜、サッカーの後、ちょうどニュースステーションでこれを見てたわけなんですが、まさに「御輿は軽くてパーが良い」を地で行く典型的バカ息子。嫌みしか感じない支離滅裂な軽口は相変わらずで、「オヤジ」しかウリとネタはなし。改めて、コイツだけは死んでも総理になんかにはさせちゃいかんと再認識しました。

民主党にも鳩山さんや原口さんという同類がいるんですが、この保守本流のバカさ加減は役者として格が違います。考えてみれば、「サメの脳みそ」と言われているシンキロウと仲がいいのもうなずけます。3年間の野党暮らしの中で自民党は、こんな人畜無害な政治家が幹事長になるまでに落ちぶれたということです。

私は谷垣さんは好きじゃないですが、こんなヤツの代わりに理不尽な党内力学に負けて苦渋の撤退宣言をせざるを得なかった心情を察するに、しみじみ同情せずにはいられません。

それにしても、このおバカ二世、今回の自民党の候補者の中では人気があるとか、選挙で票が取れるとか言われていますが、本当でしょうか?
ノビテルが総裁になったら決して自民党には票入れないっていうアレルギーの人のほうが多そうな気がするんですが......

ノビテルよ、まぁ、のんびり行こうぜ 。 ← 意味不明
[PR]
by karl.helmut | 2012-09-12 21:58 | News | Comments(0)