ブログトップ
意外に重要なニュース
姿消した次期指導者・習近平氏…乱れ飛ぶ憶測、暗殺未遂説も = 中国

中国の次期指導者とされる習近平国家副主席が5日、訪中した米国のクリントン国務長官との会談を取りやめたことで、同副主席の現状について、さまざまな憶測が飛び交っている。「暗殺未遂説」も出た。習副主席は9月1日以来、公式の場に姿を現していないとされる。中国政府・外交部の洪磊報道官は5日の定例記者会見で、クリントン長官との会談をとりやめたことについて、「日程調整の都合」と説明した。しかし、国家首脳の会談が「日程調整」を理由に急遽(きゅうきょ)取りやめになることは、通常では考えられない。外交部は定例記者会見の様子をホームページで公開しているが、習・クリントン会談の取り消しに関連する部分は掲載されなかった... (Searchina.jp 2012.9.9
中国の次期最高指導者に内定している習近平国家副主席の消息が不明ということで、いろいろと憶測を呼んでいます。(国内で車で移動中に襲撃されたという噂も)

反日デモを焚きつけているのも、注目をそらそうとしているのかもねぇ。

中国政府筋からの情報として、「水泳中に背中を負傷した」などと報じた。

高飛び込みを失敗したのか?
[PR]
by karl.helmut | 2012-09-13 00:30 | News | Comments(0)