ブログトップ
超大型台風16号北上中
漁業監視船も尖閣海域に出航へ = 16日以降、海洋権益を維持 - 中国

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の主権維持のため中国政府は14日、国家海洋局所属の海洋監視船6隻を尖閣周辺海域に派遣したが、次は農業省所属の漁業監視船が同海域に向かう可能性が高い。農業省漁業局幹部は同日までに、主権と海洋権益を維持するため尖閣諸島海域への漁業監視船出航に向けた準備を進めていると明らかにした。中国政府は、日本政府の尖閣諸島国有化に対抗するため、海洋監視船と漁業監視船の派遣で対日圧力を強める方針。日本側が取り締まり強化に乗り出すのは確実で、尖閣諸島をめぐる緊張が一段と高まるのは必至だ... (jiji.com 2012.9.14
尖閣諸島が位置する東シナ海では16日正午、3カ月半の休漁期間が終了し「多数の漁船は豊漁への期待と渇望を持って出航する」という。

時まさに、900hPaの超大型台風16号が東シナ海を北上中。

満を持して16日に中国から尖閣諸島周辺に大挙して向かう船団も、この超大型台風の神風で木っ端微塵、海のもくずとなる。

昔も今も変わらない。
外敵からの危機は神風が救ってくれる。
これぞ神国日本。
[PR]
by karl.helmut | 2012-09-14 23:12 | Others | Comments(0)