ブログトップ
どのツラ下げて戻ってくるんでしょ?
ツインズ西岡が自由契約 自ら申し出る

ツインズは28日、西岡剛内野手(28)を自由契約にしたと発表した。西岡側からの申し入れによる処置で、今季が3年契約の2年目だが、来季の年俸300万ドル(約2億3000万円)は支払われない。西岡は英語の声明を発表して「違う道に進むべき時が来た。後悔はしていない」などとし、同時に球団への感謝を述べた。今季は3試合の出場で12打数無安打1打点。8月20日に大リーグ契約の40人枠から外れていた。ロッテからポスティングシステム(入札制度)を用いてツインズと3年契約した西岡は、1年目の昨季は左すねの骨折などで68試合の出場にとどまった。通算成績は71試合で打率2割1分5厘、20打点、2盗塁。阪神が獲得調査を水面下で進めている。(Nikkansports.com 2012.9.29
かって日本球界ではスピードスターとかもてはやされていたけど、その呼び名どおり、渡米後の離婚から、マイナー落ち、退団までは確かに早かった。

まあ、隣の芝生は良く見えるという典型的失敗の例。コイツのおかげでメジャーでの日本人野手の評価は決定的に地に堕ちてしまった。次代のメジャー志望選手対してこの罪は重い。憧れるのもいいけど、自分の実力を客観的に考えないとねぇ。

おまけに、普通ならいったいどのツラ下げて日本に戻ってくるのかというレベルなのに、これを阪神とか諸手を挙げて(好待遇で)獲りにいく球団があるもんだから始末が悪い。

メジャーでメタクソだった奴が、ドヤ顔で日本球界に戻ってこられるようなことだけはどうにかなんないものでしょうか。
[PR]
by karl.helmut | 2012-09-29 23:43 | Sports | Comments(0)