ブログトップ
野田総理の闘争本能に火をつけよ
吉田沙保里選手に国民栄誉賞 = 政府方針

政府は5日、五輪3連覇と合わせ13大会連続の世界一を達成した女子レスリングの吉田沙保里選手に国民栄誉賞を授与する方針を固めた。政府関係者が明らかにした。日本レスリング協会の福田富昭会長は同日、同賞授与の要望のため首相官邸を訪れ、藤村修官房長官らと面会。藤村長官は「しっかり受け止める」と述べたという。この後、記者会見した藤村長官は「前人未到の業績を挙げたことは誰もが知っている。国民的な盛り上がりがあるかとの視点もあり、どのような形で喜びを共にするか検討していく」と表明した... (jiji.com 2012.10.5
確かに記録は凄いんですが、海外の評価や他の選手との比較(同じ五輪三連覇の野村や伊調、二冠×五輪二連覇の北島)、「国民に希望と勇気を与えた」という国民栄誉賞の本来の意義から考えたら、この授与に異論がある人も確かにいるでしょう。もし時代が今だったら、ケイリン世界選手権10連覇の中野浩一も貰えていたかもしれません。やっぱり、高橋尚子、なでしこジャパンに授与したあたりから受賞のハードルがより低く、より恣意的になってきたような気がします。

それでも運もあるにせよ、レスラー吉田沙保里が受賞するなら、ぜひ授与式の時には野田首相を得意の首投げで投げてフォールしてほしい。そして、「私が五輪3連覇したのは、ここに来て民主党政権に抗議をするためだったのだ」と吠えてほしい。

野田さんはプロレスオタクを自認しているほどだから、アマチュアとはいえレスラーに投げられるのは本望に違いありません。まあ、投げられたことで闘争本能に火が付いて、その勢いで解散、総選挙となれば、吉田沙保里が国民栄誉賞を受賞した意義もあるということ。そう、吉田沙保里は実は自民党が送り込む刺客なんです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-10-05 23:40 | Others | Comments(0)