ブログトップ
勝ちは勝ち
サッカー = 国際親善試合、香川ゴールで日本がフランスに初勝利

サッカーの日本代表は12日、パリ近郊のサンドニでフランス代表との国際親善試合を行い、1-0で勝利を収めた。日本代表がフランスに勝利を収めたのは初めて。日本は終盤、フランスに攻め込まれたがGK川島永嗣の好セーブで失点を防ぐと、今野泰幸がドリブルで攻め上がり、右サイドの長友佑都につないだ折り返しを香川真司が押し込んだ... (jp.reuters 2012.10.13
たとえナスリやベナルファ、エムヴィラなどもいない控え中心のフランスであっても、フランスのホームで勝ちという結果を出したことに意味があります。ファルカン監督の初陣、ホームでパパンに圧倒された試合や、トルシエ監督の凱旋試合でのサンドニの悲劇(0-5)から考えたら隔世の感を禁じ得ません。

ただ、試合後に長谷部も言っていたように、まだまだフランス相手には10回試合をやってやっと1回か2回勝てるくらいのレベルだというのも事実。相変わらず球際のフィジカルではほぼ負けてたし、せっかくボールをキープしてもすぐに失ったり、本田や前田がいないと前線でタメができないというような課題は今だ解消されていません。

それでも今回の結果は、欧州や中南米の強国に対して、もう日本には手を抜けないという印象を与えるには十分だったでしょう。

この試合でわかったこと。
・ハーフナーは本当にただの木偶の坊だった。通用するのはアジア相手だけ。フランス選手よりも大柄なはずなのに空中戦で競り勝てない。とにかく動作がノロいし、日本のパスを繋ぐ速攻についていけてないのは致命的。
・中盤の底、遠藤と長谷部の衰えが顕著に表れてきた(長谷部はクラブでの実戦不足)。長谷部の代わりは細貝が成長しつつあるが、遠藤の後継(代わり)が今だ見当たらない。ザックさんは高橋に期待しているようだけど、こればかりは突然の確変にでも期待するしかないです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-10-13 23:30 | Sports | Comments(0)