ブログトップ
えっ、なぜに群馬が?
おんせん県:大分商標登録に 群馬知事困惑

大分県が10月に「おんせん県」の名称の商標登録を特許庁に申請した。同県は「うどん県」を登録した香川県を参考に今後、全国的にPRしていくというが、認められれば、第三者が名称を勝手に使えなくなる。先手を打たれた形の群馬県からは「温泉は全国各地にある。『他県を敵に回しても』ということなのだろうか」と、温泉ではなく、手法への疑問が湧き出ている。大分県内の温泉数は、4538カ所で全国トップ。さらに源泉数、湧出量などでも日本一。同県は今夏から「おんせん県」の名称でPR活動を展開し始め、10月9日には名称の商標登録を出願した... (Mainichi.jp 2012.11.10
大分県内の温泉数は、4538カ所で全国トップ。さらに源泉数、湧出量などでも日本一。

はて? 何か問題でも?
というか、群馬が温泉県というほうがよっぽど違和感があります。

ちなみに、全国の源泉総数【100ヵ所以上】は、

順位 温泉地 都道府県 源泉数
-----------------------------
1 別府温泉郷 大分 2,795
2 由布院 大分 814
3 伊東 静岡 657
4 熱海温泉郷 静岡 531
5 指宿 鹿児島 461
6 鳴子温泉郷 宮城 380
7 箱根温泉郷 神奈川 298
8 霧島温泉郷 鹿児島 282
9 姫城 鹿児島 175
10 鹿児島 鹿児島 174

大分県ってダントツじゃん。
群馬県って、ベスト10にも入っていません。

群馬県観光物産課は「手法は日本の地名を勝手に商標登録した中国のケースを想起させる。

あの~、例えがおかしいでしょ。
中国は実体がないのに商標転売のためやってることで、大分は実体がありますよ。
そこまで言うんだったら、群馬の主張こそ

「他国の文化を自国起源と捏造の主張をしまくっている韓国のケースを想起させる」って、言わせてもらいましょう。

まあ、群馬県は有名なヤマダ電器発祥の地なので、代わりに「安売り県」のネーミングを認めてあげますよ。
[PR]
by karl.helmut | 2012-11-10 23:20 | Others | Comments(0)