ブログトップ
なぜか額面どおりには受け取られない怪しさ
鳩山元首相が衆院選不出馬の意向固める

民主党の鳩山由紀夫元首相が次期衆院選に出馬しない意向を固めたことが20日、わかった。複数の民主党幹部が明らかにした。鳩山氏は、野田佳彦政権が進める消費税増税や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に反対の立場を取っており、党のマニフェスト(政権公約)に賛成できないと判断した... (Sankei.jp 2012.11.20
これが本当なら、この人が公言した約束を守るところを初めて目にするような気がします。というか、この人はこれまで何度も前言撤回の前科があるし、3歩歩くと自分の言った事を忘れるとさえ言われている人なので、選挙が終わるまで鳩山家の軽井沢の別荘にでも幽閉しといたほうが世の中のためでしょう。

それにしても、首相経験者が引退表明するときはねぎらいの言葉の一つ二つくらい出るのがフツーなんですが、さすがにあれだけ整合性に欠けた身勝手な言動を見せられたら、そういう慰労の雰囲気にもならないのは自業自得でしょう。

この鳩山さんの決断の裏には、党公認もらうために自身の主張、プライドを曲げられなかったこともあるのでしょうが、仮に出馬したとしても、今回の民主逆風の中、自民が選挙区で擁立する元スケートのメダリストである堀井学には勝てないと観念したからなのかもしれません。

でも、公示まで日があるのでまだ安心はできませんが。。。

鳩山「今度の衆院選に出馬せず引退します」
国税「よし、総理時代十分できなかった彼の脱税疑惑を改めて洗ってみよう」
鳩山「やっぱり、引退は撤回して国民の生活が第一から出馬します」

[PR]
by karl.helmut | 2012-11-20 23:15 | Others | Comments(0)