ブログトップ
今が人生のピーク
愛菜ちゃん感激!超大作でハリウッドデビュー

人気子役、芦田愛菜(8)が来年夏公開の米映画「パシフィック・リム」(ギレルモ・デル・トロ監督)でハリウッドデビューすることが13日、分かった。太平洋から突如出現した巨大生命体と、人類の英知を結集し、生み出された人型巨大兵器との壮絶な戦いを描いたSF超大作で、総製作費2億ドル(約167億円)を超える超大作。芦田は主要キャストの1人、菊地凛子(31)扮する勇猛果敢な同兵器パイロット、マコの幼少時代を演じる... (Sanspo.com 2012.12.14
これ、たまたまTVでその出演シーンを見たんですが、スタジオ撮影丸出しで台詞はなし。思わず、アルマゲドンに通りがかりの新婚カップルのチョイ役で出ていた松田聖子の姿を彷彿してしまいました。

まあ、ネイティブの英語が喋れるわけじゃないのでチョイ役は仕方ないにしても、それを(仰々しく)ハリウッドデビューというのは、なんだかなぁという気はします。

それにしても、日本では確固たる子役の地位を得ている愛菜ちゃんとはいえ、さらに海外まで触手を伸ばそうとする親と事務所の守銭奴さと名声欲はハンパないです。まあ、稼げる時に稼ぐというのはビジネスの鉄則と言いますが、ただ愛菜ちゃんのほうも、この年にして大人のエゴやビジネスライクな部分をすでに理解しているようなところは凄いです。おそらく、大人たちが求める事を確実にやってのけるからいろんな所から声が掛かるんだろうし、そういうところは普通の子役の域を遥かに超越してます。

ただねぇ、一つ言わせてもらえば、この子の顔はこの先美形になるには無理な造り。可愛さはおそらく今がピーク。10年後は芸能界にはいないでしょう。
[PR]
by karl.helmut | 2012-12-14 22:09 | Others | Comments(0)