ブログトップ
小者界の重鎮がついに入閣か
安定狙い慎重な安倍人事 谷垣、伸晃、一太氏ら入閣へ

自民党の安倍晋三総裁は「危機突破内閣」の陣容を着々と固めつつある。20日までに、谷垣禎一前総裁や石原伸晃前幹事長、下村博文元官房副長官を入閣させる方向で調整に入った。また、党総務会長には、額賀福志郎元財務相の起用を内定。(中略)
安倍氏を一貫して支持してきた山本一太参院議員も閣僚起用の方向となっている... (Sponichi.Annex 2012.12.20
山本一太参院議員も閣僚起用の方向となっている

「危機突破内閣」とかいう重厚さを強調しながら小者で軽い一太が入閣ですか?
安倍さんも、追っかけ的「安倍命」のストーカー一太の処遇には、さぞかし頭を悩ましていることでしょう。

それにしても、コイツを見てると、あの民主の原口や愛知県知事の大村と同類であることがよくわかります。単なる目立ちたがり屋でワンワンうるさく吠えるだけ。もういい年なんだから、独りよがりのスタンドプレーが、どれだけ党のイメージダウンになっているかをいい加減気が付くべきなんですがねぇ。

まあ、万が一入閣でも重要ポストはあり得ないので、環境大臣か復興庁長官か消費者庁長官ってとこがお似合い。もし自分が総理でどうしてもコイツを入閣させなきゃいけないなら、特命大臣として、朝生担当大臣を創設します。テレビ芸者の政治家にはピッタリです。

とかなんとか言いながら、結局今回も入閣見送りだったりして。。。
実は、今回もこのオチになることを密かに期待しているアタシです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-12-20 23:29 | News | Comments(0)