ブログトップ
法改正までにネットで買いだめをすべし
市販薬ネット販売、解禁状態に…国の上告棄却

一般用医薬品(市販薬)のうち、副作用の危険が高い製品のインターネット販売を一律に禁止した厚生労働省令は違法だとして、通販会社2社がネット販売できる権利の確認などを国に求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は11日、「省令の規定は違法で無効」として、国側の上告を棄却する判決を言い渡した。2社の販売権を認めた2審・東京高裁判決が確定した。これにより、市販薬のネット販売は解禁状態となる... (Yomiuri.Online 2013.1.11
TVのニュースでも、yahooや楽天が、これまで規制されていた第1、第2類の医薬品販売を即日再開したことを報じてしたし、この記事のタイトルだけを見たら、いかにも今後薬のネット販売が全面解禁されたように見えますが、実際はそういうわけでもないんですよね。

そもそも、これまで厚生労働省が、第1、第2類医薬品のネット販売を禁じた規制を省令改正で行ったことが違法(無効)だと判断されたというだけのこと。国としては(厚労大臣もコメントしてますが)この判決を受けたとしても、これから正式に法改正(薬事法)手続きを行えばいいだけで、つまり、いずれ時間の問題で、第1、第2類医薬品のネット販売は再び規制される運命にあるということです。

一見すると、この訴訟は医薬品のネット販売規制の是非が争われていたように見えますが、実はそうではなく、全く別次元のお話だったということです。

まあもし、リアップとかを対面販売で買うのが非常に恥ずかしいというような人は、いずれまた規制されるのは確実なので、今のうちにネットで買いだめをしていたほうがいいというのが結論です。

えっ、もちろん私は関係ないですけど。
[PR]
by karl.helmut | 2013-01-11 23:03 | News | Comments(0)