ブログトップ
やるほうだって相手選ぶわ
谷議員「事実なら残念、検証が必要」…柔道告発

柔道全日本女子代表の園田隆二監督が選手に暴力を振るっていたとして告発された問題に関し、シドニー、アテネ五輪で金メダルを獲得した谷亮子参院議員(37)(生活の党)は31日、国会内で記者団に「事実なら残念だ。スポーツは教育で、暴力がそこに存在するのは良くない」と述べた。園田監督については、「人間性の素晴らしい人だ。私も中学生の時から全日本に20年近くいたが、歴代の監督による暴力的指導は一切なかった」と語ったうえで、今回の問題に関し「まだまだ検証が必要だ」と強調した。(Yomiuri.Online 2013.1.31
園田監督については、「人間性の素晴らしい人だ。私も中学生の時から全日本に20年近くいたが、歴代の監督による暴力的指導は一切なかった」と語った

何言ってんだ、コイツは。

この無神経なコメントには、JOCに訴えた選手たちも嫌悪感すら感じることでしょう。監督本人が、暴力的言動で明らかに選手たちを傷つけていた事実を認めているというのに、それのどこが人間らしく素晴らしいのか? アタマおかしいのか?

自分が現役の間の20年間は暴力がなくって、園田監督もアンタの引退後に暴力的指導をするようになったってこと? こんなもん誰が聞いても信じないでしょ。現に昔のオリンピック代表だったOGの何人かは、TV取材で過去の暴力的指導の存在を証言してるし。

確かに、現役時代のアンタにゃ暴力を振るえる指導者はいなかったでしょう。そりゃ、やる方だって相手選びますわ。アンタ殴ったらカタギじゃない親父が黙っていないでしょうからねぇ。

そもそもこの人にこの件についてのコメント求める事自体がナンセンス。「だからスポーツ省を創設して....」とかトンチンカンな発言もしていて、言動自体がまさにスポーツ脳丸出し。いずれにしても、この人の今の立ち位置からは、告発した選手たちへの思いなどというものは全く感じられず、ひたすら権力に媚びている姿がミエミエ。考えてみれば、だから今の政界でも小沢一郎なんぞに尻尾を振って盲信してるのでしょう。

この人、今度の7月の改選組じゃないから、あとまだ3年以上国会議員やるんですねぇ。国民騙した民主ブームの負の遺産、何とかならないもんでしょうか。
[PR]
by karl.helmut | 2013-02-03 22:18 | News | Comments(0)