ブログトップ
ヘルスケアに中国製はありえません
首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷

塩素成分でウイルスを除去するとうたった携帯型の「ウイルスプロテクター」でやけどの被害事例が相次いでいるとして、消費者庁は18日、「この製品の使用を直ちに中止してほしい」と呼びかけた。問題の製品は中国で製造されたもので、「ダイトクコーポレーション」(石川県)が1月25日に販売。漂白剤などに含まれる次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤の入ったパックを首からさげて使うことで、ウイルスを除去できるとしている... (asahi.com 2013.2.18
b0024824_22441781.jpg今どきの子供たちはこんなもん首からぶら下げてるんですか?

塩素(次亜塩素酸ナトリウム)って確かに殺菌作用とかはありますが、それは逆に言えば、一定量超えたら毒にもなるってことです。それに成分だけ見りゃ、ハイターやカビキラーを持ち歩いてるのと同じようなもの。

普通に考えて「ウィルス除去」って、開放空間でどう効果があるんでしょう???
どう見ても、今回のやけど被害が出る以前に、消費者庁か厚生省から「効果が認められない」として販売停止措置になってもおかしくないようなシロモノなんですが。

にもかかわらず、一部の地域や学校では話題になっているところもあるらしい(私は知りませんでしたが)ということで、こんなもんがそこそこ売れてしまうというとこに、やれインフルエンザ対策だの、ノロウィルス対策だの、今の親たちがいかに不安商法に乗せられ易いかということがわかります。

おまけに、
問題の製品は中国で製造されたもので、

あのー、人体に直接影響するものなのに怪しい中国製を選んじゃだめでしょ。
こんなトンデモ商品を買う方も買う方かと思うんですが、まあ、健康予防にこだわっても金ケチっちゃ命落としますよ。
[PR]
by karl.helmut | 2013-02-19 23:29 | Others | Comments(0)