ブログトップ
Windows RT ですから...
マイクロソフト製タブレット、ようやく国内登場
15日発売、32GBモデルが4万9800円


日本マイクロソフトは2013年3月1日、自社製の10.6型タブレット端末「Surface RT(サーフェス)」を国内で販売開始することを正式に発表した。(中略)
発売日は3月15日。参考価格は「Surface RT 32GB」が4万9800円、「Surface RT 64GB」が5万7800円。キーボードとして使えるタッチカバー付きの「Surface RT 32GB + Touch Cover」が5万7800円、「Surface RT 64GB + Touch Cover」が6万5800円である... (Nikkei.com 2013.3.1
これって、先行発売された米国での価格が32GB版499ドルなので、価格だけ見れば、為替レート的にはまあ妥当なところでしょう。

でもねぇ、しょせんWindows RTはWindows 8 Proとは別物ですから。もし一般ユーザがWindows 8が載っていないタブレットを買っても、おそらくできることの少なさに不満が出るに違いありません。多くの人がWindowsタブレット(非 iOS/Android)に求めているのは、日頃使っているx86アプリが動作する環境だろうと思うので、Office(それもOffice 2013 RT)をプレインストールしてさえいれば売れると踏んでいるMicrosoftの考えはちょっと甘いとしか思えません。

個人的には、大して安くも軽くもないこのSurface RTを買うくらいなら、Windows 8 Pro採用のThinkPad Tablet 2のほうがまだマシのような気がします。(でも買わないなぁ)
もし、この先大きく値崩れすることがあったら.......やっぱ買わない。
[PR]
by karl.helmut | 2013-03-01 23:46 | News | Comments(0)