ブログトップ
お粗末采配でプエルトリコに屈す
山本監督“あの場面は”「ダブルスチールしてもいいというサインあった」

第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で3連覇を目指した日本代表は17日(日本時間18日)、サンフランシスコでの準決勝でプエルトリコに1-3で敗れ、敗退が決まった。プエルトリコは初の決勝進出を果たした。(中略)
この場面について、山本監督は「ダブルスチールをしてもいいというサインがあった。井端のスタートがちょっと遅れたので、ああいう結果になった。投手のモーションが大きいというのはビデオで見てわかっていたので、そういうチャンスがあれば走っていいというのはミーティングでも話していた。もちろん、阿部はスラッガーだが、1つ前の塁に行くという姿勢は失敗しましたが、私は悔いはありません」と説明した。 (Sponichico.jp 2013.3.18
「ダブルスチールをしてもいいというサインがあった」

ランナー1人ならともかく、重盗になる場面で「行けたら行け」的な指示はないでしょう。ほとんどの野球ファンが監督采配を懸念していたとおり、日本チーム最大の弱点がここぞという場面で出ちゃいました。ノムさんも「ほれ見たことか」と言っているに違いありません。

「井端のスタートがちょっと遅れたので、ああいう結果になった」

フツー監督だったら「私の采配、指示ミス。選手は悪くない」って、言いますよ。

なんか、台湾戦9回の鳥谷のスチール成功に味をしめたわけではないんでしょうが、相手が大リーグでも有数の強肩捕手で、左バッター、4番バッターというシチュエーションで3塁盗塁なんて素人采配でもありえません。

それと、やっぱり今回も大試合で結果を出せなかった阿部慎之介に尽きるでしょう。
(4番の自分が打てなくて)負けても、第三者のように淡々とコメントしている。闘争心が前面に出ない選手はもういらないですよ。くやしさで全身震わせてコメントしていた内川の姿こそ我々の応援していた日本代表です。

内川、お前こそ真のサムライだ。大分県人の誇りだ。
[PR]
by karl.helmut | 2013-03-18 22:55 | Sports | Comments(0)