ブログトップ
国そのものがパクリ
韓国の「ダサソー」使用は駄目 = 日本のダイソーが商標侵害訴え

ソウル西部地裁は1日、日本の100円ショップ「ダイソー」の韓国の商標権者が、同国の格安雑貨店「ダサソー」の運営会社を相手に出した商標侵害禁止の仮処分申請を一部認めたことを明らかにした。これによりダサソーの商標は使えなくなった。聯合ニュースが報じた。同地裁は、韓国語では二つの商標が文字数や、最初と最後の文字が同じであるなど外見上似ていると指摘。業務形態も類似しており、ダサソーが商標権を侵害しているか、侵害の恐れがあると判断した。(jiji.com 2013.4.1
4月1日の配信だったので一瞬エイプリルフール記事かと思ったくらいですが、さすがはパクリの国の日常風景です。それにしても「ダサソー」とは、ネーミングからして笑わせてくれます。

韓国もEU間や米国間とのFTA協定を批准したせいもあって、商標権侵害行為に対しては国際的協調をせざるを得なくなったようで、さすがのチンピラ国家も司法的にはようやくまともな判断が少しずつ出てきたようです。ただ、国民レベルではあの国民性ですからそう簡単にパクリが無くなるとも思えません。

今後、おそらく.......

「ダイソー」の商標は元々朝鮮半島にあり、600年以上前の倭寇によって盗まれたものだから、日本の「ダイソー」の商標は無効である。
とか、

百均の起源はそもそも韓国にあり、このビジネスモデルは日本が勝手にパクッたニダ。

とか開き直る姿が目に浮かびます。
まあ、こっちはそういうものも織り込み済みですから。
[PR]
by karl.helmut | 2013-04-03 22:59 | Others | Comments(0)