ブログトップ
美しすぎる皇族
皇太子ご夫妻に宮内庁長官が苦言 オランダ国王即位式めぐり

オランダ国王の即位式への出席が検討されている皇太子ご夫妻について、宮内庁長官は「一刻も早く決めていただきたい」と異例の苦言を呈した。オランダ国王の即位式は、4月30日に行われる予定で、オランダ側からは、3月初め、皇太子ご夫妻を招待したいとの打診があり、3月上旬までに出欠の回答がほしいと要請があったという。これを受けて、療養中の雅子さまが、長距離の旅行や重要な儀式への出席が可能かどうか、ご夫妻は医師団とも相談のうえ検討していたが、出欠の可否について、まだ決められていない... (FNN News 2013.4.11
今やすっかりお馴染みになった、女性誌を中心にした一部マスコミの(皇太子と)雅子妃批判も眉をひそめたくなるんですが、宮内庁がこういう事象を敢えて公にして皇太子夫妻を批判するって、どういう立場の物言いなのか、理解に苦しみます。

本来なら一番の理解者であり味方であるべき宮内庁がこんな態度だから、皇室問題で行うべきまともな議論が偏向化したあげくに個人の問題に矮小化されてしまいます。特に皇太子夫妻に対しては、「公務はちゃんとやってもらわなければ困るし、ワガママは絶対ダメ。ご世継ぎ問題も口出するな」というように強要しているようにしか見えません。それなりの立場の振る舞いを強いるならば、片方でそれなりの権限も与えるべきだと思うのですが、今のままでは単なる客寄せパンダでしかないです。

皇室の世界なんて、(一般社会からきた)普通の神経の人じゃ到底耐えられるようなもんじゃないでしょう。雅子妃はごく普通な人というだけのことです。そもそも彼女に関しては、散々頼み込んで嫁いでもらったはずなのに、こんなバッシングしてたのでは、この先、悠仁親王の妃候補なんて民間からは誰も来てくれないでしょう。

ちなみに、個人的には後継問題に関しては、現代として側室というような制度が持てない以上、その時代の状況に合わせて女帝(女性天皇)は認めるべきという立場です。(女系天皇は原則反対)

ところで、折しも最新の週刊新潮に秋篠宮佳子様のグラビア写真が掲載されていますが、そこいらのアイドルを軽く凌駕する美しさです。世間が相も変わらず皇室問題に対する矮小化議論(皇太子が退位しての秋篠宮待望論とか)しかしないのなら、アタシは声を上げるでしょう。

「佳子様をつなぎとしての女帝(女性天皇)にしよう」
「お嬢様皇室外交で新しい日本の姿をアピールだ !!」
[PR]
by karl.helmut | 2013-04-12 23:56 | Others | Comments(0)