ブログトップ
文筆家知事のボーンヘッド
知事、一転して謝罪「訂正してお詫び」

2020年五輪招致を目指す東京都の猪瀬直樹知事が、ライバル都市のトルコ・イスタンブール批判ともとれる発言をしたとニューヨークタイムズ紙で報じられた問題で、猪瀬知事は30日、発言があったことを認めた上で「こちらの表現不足。不適切な発言であり、訂正してお詫びしたい」と述べた。都庁で記者団の取材に答えた... (Sankei.jp 2013.4.30
「インタビューが終わり、立ち上がってから雑談をするなかで・・・」とか本人が弁解していますが、ついつい調子に乗って猪瀬さんのいつもの地が出ただけのように思います。

そもそも、相手も反日報道で有名なニューヨークタイムスとくりゃ、いろんな意味でもう少し慎重になるべきだった。まんまと雰囲気で誘導されてしまったのかもしれないけれど、結果として誘致活動にマイナスになるであろうこの失態はとてつもなく大きい。おまけに記事が出た後、一度は反論した後に一転謝罪するなど、こういう場合の危機管理としてはお粗末すぎます。

この人って、普段から敵対する相手や組織の悪いところや欠点を徹底的にあげつらう論法でやってきただけに、いつものように相手を貶すのが癖になって、つい自然に出ちゃったんでしょうが、全ては遅すぎました。

弁明会見でも、「もっと先の方で失言したら大変だったけど、今のうちにどこまで言ったら悪いかわかったのでかえって良かった」とか悠長に言ってましたが、一体何をのたまっているんでしょうか。IOCによる開催候補地の公式視察も終わっている段階はもう誘致レースは十分終盤ですよ。

せっかく懸念していた地元都民の支持率も上がってきていた矢先に、文筆家の知事が見事にぶち壊してくれました。
[PR]
by karl.helmut | 2013-04-30 23:16 | News | Comments(0)