ブログトップ
正社員の解雇規制緩和をやります
ワタミの渡辺美樹会長 自民党から今夏参院選比例代表出馬検討

飲食店チェーンなどを展開するワタミの渡辺美樹会長(53)が、夏の参院選比例代表に自民党から出馬を検討していることが9日、分かった。2011年の東京都知事選に出馬し、約101万票を獲得して3位だった。高い知名度を生かし、自民党の目玉候補になるか注目される。関係者によると、渡辺氏サイドが既に自民党に出馬への意欲を伝えた。自民党は今後、石破茂幹事長らが面接するなどして、公認するかどうかを判断するとみられる。永田町関係者は「知名度も高く、参院選の候補者としては申し分ない」と指摘した... (Sponichi.co.jp 2013.5.10
いくら内閣や政党の支持率が高いと言ったって、いくら日本経済が復調基調にあると言ったって、ちょっと自民党は調子に乗ってませんかねぇ。

これまで夏の参議院選挙に自民党からの出馬が噂に上がった、佐竹雅昭、嶋大輔、大場久美子でももう勘弁して欲しいというレベルなのに、ユニクロ柳井氏と並んで天下のブラック企業の総帥と言われている渡辺氏に触手を伸ばすとは、国民から総スカン状態で既に死に体と化している民主党に対して、あえてハンディを負おうという余裕なんでしょうか?

まあ出馬は勝手ですが、渡辺さんって普段はテレビで結構過激な発言しているくせに、比例候補というところがちょっとヘタレ過ぎ。せめて東京選挙区から出るくらいの気概と度胸が欲しいものです。

なんか、この前国会で安倍さんがちょっと言及して引っ込めた「正社員の解雇規制の緩和」の法案化を、この渡辺さん中心にさせようとする魂胆が私には透けて見えるんですが。
[PR]
by karl.helmut | 2013-05-10 22:51 | Others | Comments(0)