ブログトップ
さすがはムネオ
新党大地「鈴木宗男」氏を擁立 出馬できない代表と同姓同名

政治団体「新党大地」(代表・鈴木宗男元衆院議員)は4日、参院選比例代表に、鈴木代表と同姓同名の新人、鈴木宗男氏(73)の立候補を届け出た。総務省の発表資料によると、鈴木氏は千葉県君津市在住の会社役員。同党の立候補者は選挙区2人、比例代表9人の計11人となった。公民権停止中で出馬できない鈴木代表に代わり、「鈴木宗男」の知名度を生かした支持票を集める狙いとみられる... (Sankei.jp 2013.7.4
さすがは政界の策士と呼ばれる鈴木宗男だけのことはあります。転んでもただでは起きません。

それにしても、さしずめ影武者 鈴木宗男という人間をよく見つけたもんです。これで、比例区で「鈴木宗男」が死票にならないし、北海道のボケた老人が「宗男さんだから…」と間違って入れること確実。おまけにふざけたノリで入れるやつも全国に相当数いそうです。

まあ、手段が姑息すぎと言われようが、こんな作戦を考えつくこと自体が凄いです。
維新の会もどっかから「橋下徹」を見つけてきて比例名簿に載せたら面白かったんですがねぇ。

おそらく次の選挙では、AKB48メンバーの同姓同名者をずらっと並べて、勘違いしたオタク有権者から多数の票を獲得しようとするさらにセコい政党が現れるかもしれません。でもそれで投票率アップならいいじゃないですか。
[PR]
by karl.helmut | 2013-07-04 23:45 | News | Comments(0)