ブログトップ
ザックは韓国に負けない
柿谷2発で初V!得点王輝く/東アジア杯

<東アジア杯:日本2-1韓国>◇28日◇韓国・蚕室五輪スタジアム
日本代表のFW柿谷曜一朗(23)が、劇的決勝弾を決め、日本を初優勝に導いた。1-1の同点で迎えた後半ロスタイム。GKが弾いたボールを体勢を崩しながら、豪快に押し込んだ。ザッケローニ監督は「彼らは全力を尽くして戦ってくれた。特に後半、素晴らしかった。私たちは機会を生かすことができた。今回活躍した選手の中で、早く(欧州組を含めた)代表に入ることを期待したい」... (Nikkansports.com 2013.7.28
日韓戦は結果が全て。
それにしても、"眠れる天才"柿谷がついに覚醒したことが日本代表にとって大きいです。(テコンドーサッカーに削られなかったのもよかった)

ホスト国の韓国に対して、

全員国内組、ほとんどリザーブの選手で、(韓国はA代表経験者多数)
完全アウェイの試合で、
試合間隔が韓国より1日短い日程を組まされ、
練習は強制的に公開させられて(韓国は非公開)
専用シェフの帯同もなぜか認められず、

それだけのハンディと嫌がらせを受けながら、逆に韓国はここまでやったのにホームで1勝もできなくてご愁傷さまでした。

これで柿谷はもちろん、豊田もA代表入りが見えてきました。
ていうか、豊田はセンターバックとしての非凡な才能を垣間見てしまいました(笑)。
[PR]
by karl.helmut | 2013-07-28 23:37 | Sports | Comments(0)