ブログトップ
素直に賞賛できない人間の小ささ
張本氏 バレにあっぱれ、投手陣に喝!

張本勲氏がヤクルト・バレンティンに「あっぱれ!」、投手陣に「喝!」を出した。22日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に野球教室で訪れている京都から“バーチャル”出演した。プロ野球シーズン本塁打記録を樹立したバレンティンについて「すごい数字。褒めてやるべき」と素直に讃えた。ただ「これでいいのか。飛ぶボールで打者に有利な条件。ワンちゃん(王貞治氏)なら、今のボールだったら70本打っていた」と話した。バレンティンに本塁打を打たれている投手陣については「近め(内角)を攻めていない」と苦言を呈した。(Nikkansports.com 2013.9.22
この人、アリバイ的に「すごい数字。褒めてやるべき」と一応言っておいて、そのあと飛ぶボールがどうだ、フォアボールがどうだ、と最後はバレンティンにケチをつけるというセコさ。

挙句の果ては、
「ワンちゃん(王貞治氏)なら、今のボールだったら70本打っていた」 って?

この老人は何寝言言ってんでしょうか?
王さんこそ3点セット(圧縮バット、狭い球場、ラビットボール)あっての記録なんですが。。。

条件を比較すれば、誰が見ても王さんのほうが恵まれていたのは分かっているのに、バレンティンを素直に称える言葉をなぜ言えないんでしょうか? 
いい歳してやっかみしか言えない......... お里が知れますね。

バレンティンが王さんが現役当時の後楽園を本拠地にして、ラッキーゾーンの甲子園、狭いナゴヤ球場、広島市民球場、川崎球場、神宮球場で1シーズンやったら80本は打ちますよ。逆にマジレスすると、球場以外に投手の球速も球種もレベルは昔と今は段違い。今だと王さんはたぶん記録は出せてないでしょう。

とは言っても、現役時代の王さんがずば抜けた大打者だったのは疑いもない事実。ただ、当時と今とは同じ条件で比較すること自体が不可能だしナンセンスだということだけのこと。これで王さんの偉大さや評価が下がるわけでもありません。

それにしても大沢親分亡き後、この老人のコメントの不快さは増すばかり。
ひとりよがりの妄想は自分の脳内だけにしまっておいて欲しいもんです。
[PR]
by karl.helmut | 2013-09-23 18:48 | Sports | Comments(0)