ブログトップ
少女に何が起こったか?
体重半減 2カ月半ぶり発見の千葉・茂原の不明女子高生 畑の野菜食べていた?

千葉県茂原市で7月11日から行方不明になっていた県立高3年の女子生徒(17)が26日、市内の神社で保護された。けがはないものの、体重は行方不明になった当時から半減し、軽度の脱水症状と衰弱がみられるという。県警は事件に巻き込まれた可能性は低いとみているが、猛暑も台風もあった約2カ月半、女子生徒はどのように過ごしていたのか。(中略)
神社の近くの畑には野菜がある。捜査員の「野菜を食べていたのか」との問いかけに、女子生徒はうなずいたという。ただ、体重は行方不明になった当時の45キロから、半分程度まで減少しているらしい.... (ZakZak.co.jp 2013.9.27
77日ぶりに発見されたその日に楽天が初優勝。

これは星野監督の背番号77にちなんだ楽天の優勝セールのタイアップ企画だったのか、はたまた、楽天ファンの少女の願掛けだったのではないか、と穿った見方さえしてしまいます。

自宅からわずか約400メートルの距離にある神社にいながら2ヶ月半発見されなかったということで、巷では「現代の神隠しだ」、「いや、女子高生の狂言だ」などと興味本位の詮索はつきませんが、確かにこの猛暑を乗り切ったのも信じられないし、これまで誰にも見つからなかったということも信じられません。

「野菜を食べていたのか」との問いかけに、女子生徒はうなずいたという。

それにしても2か月半で体重半減というのも凄いです。
おそらくこの少女は、この先ダイエットブームのマスコミに踊らされて、「失踪ダイエット」という新境地を作りダイエット本を出版します。そして発見された神社は「痩身神社」と名前を変えて、ダイエットしたい女性が訪れる新しい観光スポットになり、神社周辺で栽培されている野菜は「畑のダイエット野菜」というネーミングで爆発的人気商品となる...........わけないですな。
[PR]
by karl.helmut | 2013-09-27 22:47 | News | Comments(0)