ブログトップ
そして上原はボストンで神となった
MLB = レッドソックス8度目優勝、上原と田沢が完ぺき救援

米大リーグ(MLB)は30日、ワールドシリーズ(7回戦制)の第6戦を行い、アメリカン・リーグ覇者のレッドソックスがナショナル・リーグ王者のカージナルスに6-1で勝利。対戦成績を4勝2敗とし、6年ぶり8度目のワールドシリーズ制覇を達成した。レッドソックスの上原浩治投手は、5点リードの9回から4番手として登板。1回を無安打、無四球、1三振、無失点に抑え、胴上げ投手となった。田沢純一投手は、7回途中から2番手としてリリーフ登板し、1/3回を無安打、無四球、無失点という内容だった。(Reuters 2013.10.31
ただただ凄い、上原、日本の誇り。
マジ、38歳でこの大車輪の活躍は"神"認定します。

今日も最後は三振。終わってみれば、ポストシーズンの勝利決定3試合全て三振で締めくくってしまいました。おまけにポストシーズン四球ゼロ。

上原浩治投手は、5点リードの9回から4番手として登板。1回を無安打、無四球、1三振、無失点に抑え、胴上げ投手となった。

メジャーでは胴上げしないのに胴上げ投手って、野暮なツッコミはこの際しないでおきます。
[PR]
by karl.helmut | 2013-10-31 23:44 | Sports | Comments(0)