ブログトップ
未審査の店舗が勝手にやりました(笑)
楽天、不当表示1000点か 三木谷氏「店舗が勝手に」事前審査受けずセール

プロ野球の楽天球団が日本一になったのを記念してインターネットショッピングモールの「楽天市場」で催されたセールで、不当表示の疑いが出ている。楽天は7日、二十数店が約1千点の商品で通常価格を引き上げて割引率を大きくみせかけていた可能性がある、と明らかにした... (asahi.com 2013.11.8
この手の楽天のネット詐欺商法は、これまでも「楽天スーパーセール」の50%OFFとかでも散見されていたものです。楽天のこの会見も、一連の食材偽装で苦しい(ウソの)言い訳をしていたホテルや百貨店と全く変わりありません。

三木谷 「正式な日本一セールは厳正な審査をしていた」

審査の前に日常的な監視、監督が先でしょ。

三木谷「便乗して『勝手セール』をする店舗があった」

こんなもん、そもそも優勝セールと言いながら、単に店子に無理やりの安売りの強要をしてるだけのものです。マトモな商売している店なら、本当に77%しなきゃいけない(利益もでないような)安売りを自らやりたい店なんてほとんどないはずです。

そもそも優勝したのは楽天であって店子でないのだから、まず楽天としてロイヤリティを77%オフにするとかすべきであって、楽天の優勝セールで店子のほうが身を削らなきゃならない理由が分かりません。楽天自体がセールをしないくせに店子に大幅値引きを強要するなら、そりゃルール無視したセールも続発するもんでしょう。

結局、不祥事は店子にその責を負わせて幕引きしようという魂胆がミエミエなんですが、こんないい加減な管理、対応をしているのであれば、三木谷さんが「ネットへの偏見」だとして噛みついた「薬のネット販売を一部規制する方針」も、「ネット販売はやっぱり危ない」という「偏見」を楽天自身が「事実」として立証してしまったというおバカなオチになります。

民主党無きあと、新たな「ブーメラン伝説」は楽天が作ります。
[PR]
by karl.helmut | 2013-11-08 23:13 | News | Comments(0)