ブログトップ
昔の名前で出てきました
細川元首相が出馬を検討 小泉氏と「脱原発」で連携模索

東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)をめぐり、細川護煕元首相(75)が出馬を検討していることが9日、複数の関係者への取材で分かった。細川氏の側近は産経新聞の取材に対し「出馬の可能性は五分五分だ」と話している。首相経験者で知名度の高い細川氏が名乗りを上げれば、選挙戦の構図が一変する可能性もある... (Sankei.jp 2014.1.9
ここに来てなんか細川元首相も後出しで立候補しそうな雰囲気ですが、お殿様気分のスタンスは変わってないようで、どうも小泉元首相の支援が前提条件らしいです。もう全く以て出馬前からヘタレてます。

細川さんのこれまでの政界でのイメージといえば、
熊本知事の権威を利用したお気楽な国体スキー出場。
大蔵官僚いいなりの国民福祉税構想。
わずか8ヶ月での政権放り投げ。
東京佐川からの裏1億円献金疑惑。

まあ東京都クラスになると、実際の行政を仕切るのは官僚から上がった複数の副知事なんで、都知事自身の行政能力云々よりも持っているビジョンのほうが重要なのかもしれませんが、そもそも、原発と都政って何の関係が有るんでしょうか?

もし細川さんが出馬して原発問題が争点になったりしたら、一番割を食うのは宇都宮さんでしょう。ただ中選挙区で山本太郎を当選させる土壌の東京なので、先に出馬表明して優勢を伝えられていた舛添さんも内心は戦々恐々としていることでしょう。

それよりも、一時何人か噂になった女性候補は一体どこ行ったのでしょうか? 今回の使い古し雑巾のような顔ぶれなら結構チャンスがありそうにも思うんですが。。。
ただ、もうこの状況になって、どっかの元宮崎県知事の出馬の余地がなくなってきただけでもまだ良しとしましょう。

いずれにしても、個人的には「東京から日本を変える」とか言う戯者だけは、誰であろうと都知事にはなって欲しくないです。
だって、それって都知事の仕事じゃないですから。
[PR]
by karl.helmut | 2014-01-09 23:19 | News | Comments(0)