ブログトップ
近代麻雀は死にました
近代麻雀オリジナルを一新、青年誌・月刊キスカが創刊

本日1月8日に竹書房から、新青年マンガ誌・月刊キスカが創刊された。これは近代麻雀オリジナル(竹書房)の誌名や作品、コンセプトを一新したもので、近代麻雀オリジナルと同じ毎月8日に発売されていく。B5判中綴じで価格は390円。月刊キスカのコンセプトは「読めば気分スカッ!とする青年漫画誌!!!」。アクション、サスペンス、コメディとジャンルは多種多様ながら、いずれも女性キャラを中心に据えた作品が揃った。なお近代麻雀オリジナルの連載作品は、2013年12月号をもってすべて終了している... (natalie.mu 2014.1.8
スーパーヅガン、プロ、アカギ、よんぶんのさん、哭きの竜、天、はっぽうやぶれ、風牌に訊け、、、
今振り返っても、実に男達の哀愁が漂う魅力のある作品群ばかりでした。
もう今の時代は流行らないのかもしれませんが、細々でも麻雀雑誌として居続けて欲しかったです。

なお近代麻雀オリジナルの連載作品は、2013年12月号をもってすべて終了している。

あのー、でもこれってリニューアルも何も全くの別雑誌化でしょ。
というか、これほど鮮やかな変わり身を私は見たことがありません。
麻雀漫画と決別した竹書房は一体どこに行ってしまうのでしょうか?

月刊キスカのコンセプトは「読めば気分スカッ!とする青年漫画誌!!!」

う~む、このコンセプトのフレーズからは昭和の匂いしか感じません。
1年後には再リニューアルするほうに500ペセタ賭けます。


b0024824_1233420.jpg月刊キスカ創刊号 作品ラインナップ

「白い魔女」白狼/永川成基
「人狼ゲーム」小独活/川上亮
「エクスタクシー」山口譲司/宮島稔司
「魂の美食家 ベル&サリー」介錯
「いめるいめな」竹内元紀
「タイヘン▼ヘンタイ」みこくのほまれ
「女子力向上カツドウキロク」大塚志郎
「大きい女の子は好きですか?」愛染五郎
「子宝の神様は巫女の処女に興味がある様子です?」いちこ
「愛▼リンカー」ひな姫
[PR]
by karl.helmut | 2014-01-10 00:59 | Others | Comments(0)