ブログトップ
宗主国様にお願いしてください
平昌五輪、財政難のツケを日本に?「そり競技は長野開催」国際団体と協議

2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪の大会組織委員会が、ボブスレーとリュージュ、スケルトンのそり競技を1998年長野冬季五輪で実績のある日本開催を視野に入れて国際競技団体と協議していることが6日、分かった。会場は長野五輪で使用された長野市スパイラルが候補となっているとみられる。平昌五輪は財政難から準備の遅れが指摘されている。ロイター通信によると、関係者は「まだ結論は出ていないが、議論は進行中だ」と語った... (Sankei.com 2014.12.7
開催費用も、アルペン競技施設の建設技術も、運用ノウハウも無いのに五輪誘致するもんだから、予想通りの展開。

日本は嫌いなんでしょ。こんな時だけ頼らずに、せいぜい自分たちだけで頑張って頂戴ね。
日本は2026年に札幌単独開催目指すんで、共同開催するならオタクの宗主国様にお願いするか、北方の国とどうぞやってください。

で、この先予想される韓国の言い訳が目に浮かびます。
「日本からどうしてもと持ちかけてきたんで...」
「IOCから無理矢理お願いされたんで...」
「韓日友好のために仕方なく....」

万が一、韓国を助ける形で一部でも日本開催になるなら、ぜひともパク・クネから正式に感謝の意を表明してもらいましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2014-12-07 22:05 | News | Comments(0)