ブログトップ
共産党が躍進だってよ
天声人語(2014年12月15日(月)付)

「してやったり」と「してやられた」の明暗が分かれた。前者はむろん安倍首相と与党。後者は野党。テニスでいえば、解散というサーブ権は首相側にあった。いきなり飛んできたボールを、野党の大半は打ち返すどころではなかった(中略)
議席数が定まっても、選挙結果は必ずしも多数派の正しさを保証するものではない。かつて英首相を務めたアトリーは、民主主義の基礎を「他の人が自分より賢いかも知れないと考える心の準備です」と語っていた▼安倍首相には、自らに賛同する人だけではなく、反対の意見を持つ人も含めた代表として、一国の舵(かじ)取りをしてもらいたい。選挙が終わって、幾千万の目がそこを見ている。(asahi.com 2014.12.15
選挙結果は必ずしも多数派の正しさを保証するものではない。

だったら、沖縄の選挙結果も否定しちゃっていいですか?

結局、自分の意に沿う結果が出たら「正しい民意」で、自分の意に沿わない結果だと「民意を表してなく」、「真に公平じゃない」と、サヨクは言っております。
まあ残念ながら、いくら斜説 社説で力説しても全然説得力はありません。

今回の選挙は公示前から「冷めた選挙」だと言われましたが、終わってみれば次世代の党以外は、ほとんどが自らの党を勝ち(もしくは負けてない)ポジションに置いて選挙講評していて、微笑ましい選挙結果といいますか、まさに敗者なき選挙でした。

そんな中で躍進共産党の志位さんが、「これから本格的に自共対決の構図」など、調子に乗って会見でのたまっておりましたが、21対291の勢力比で"対決"とはギャグなんでしょうか?
今回共産党に入れた人も「民主革命」とか、「統一戦線」を望んで投票したわけじゃないですし、まったく、勘違いユートピア政党は相変わらず住んでる次元が違ってます。

それにしても今の先進国の中で、共産党が一定のポジションをとっている国ってフランスと日本くらいです。日本人の国民性はよくドイツと並べられますが、日本人って実は、おフランス的な国民性なんです。(嘘)
[PR]
by karl.helmut | 2014-12-15 22:46 | News | Comments(0)