ブログトップ
ジョブズなら絶対製品化していない
「アップルウォッチ」4月24日発売

米アップルは9日、腕時計型端末「アップルウォッチ」を4月24日から日米や中国など9か国・地域で発売すると発表した。4月10日から予約を受け付ける。アップルにとって、初めての身に着けられる「ウェアラブル端末」で、同社の新分野の商品は2010年のタブレット型端末「iPad(アイパッド)」以来となる... (Yomiuri Online 2015.3.11
iPhoneと一緒でなければ通話もメールもできないなんて、それってその機能意味あるんでしょうか?

おまけにバッテリーの駆動時間が18時間(時刻のチェックを90回、通知を90回、アプリの使用を45分間、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらワークアウトを30分間行った結果)って、ちょっと激しく使ったら日中で電池切れしぞうです。

これまでは世間から何を言われようが、Apple信者に対しては徹底してそのブランド力に見合ったものを製品化してきたのに、さすがにこれは信者も手がでないでしょう。というか、まずほしいと思えるような製品でない。こんな熱狂的なAppleファンですら疑問符をつけてしまうような製品をブランド力だけで売ろうとするなんて、完全に本質を見誤っているような気がします。

第一、デザインも電池の持ちも機能も何ら目新しい点が無い。
こんなん、すぐに10,000円程度で同機能の支那製コピーが出るだろうし、10年後には1,980円で巷に氾濫していることでしょう。

Apple製品のセンスの良さは一体どこへいっちゃったんでしょう?
[PR]
by karl.helmut | 2015-03-10 23:19 | News | Comments(0)