ブログトップ
比例復活議員ほど往生際が悪い
上西小百合氏を除籍処分…橋下氏「言動に問題」

地域政党・大阪維新の会は4日、維新の党の上西小百合衆院議員(31)(比例近畿、2期目)を除籍処分にすると発表した。上西氏を巡っては、体調不良を理由に3月13日の衆院本会議を欠席しながら、その日のうちに地元・大阪へ帰っていたことなどが明らかになっていた。大阪維新の橋下徹代表(維新の党最高顧問)は4日の街頭演説で、「国会議員としての言動に問題がある」と処分理由を説明した... (Yomiuri.Online 2015.4.4
大阪維新の会からは除名だそうですが、今後、政党としての維新の処遇に注目しましょう。

ただこの手の人間は、例え除名されようが、辞職勧告されようが、自身で辞職しない限り議員としての身分は失われないのをいいことに、これから先も(無所属で)議員の椅子にしがみつくに違いありません。

まあ、誰が見ても、予算採決前日に診断書を取って休む気マンマン。体調が少し良くなったからといって居酒屋2軒とショーパブをはしごして、翌日に嘔吐と下痢が続いた状態でありながら新幹線で大阪に移動するとか、もう頭おかしすぎ。この程度の人間が混じっている維新の政党自体が、上げ底構造であることを改めて証明しています。

それにしても、この美容部員上がりの女議員の事をテレビで散々「大阪の沢尻エリカ」と報じていましたが、あの厚化粧の風貌を見たら、初めて沢尻エリカに同情を感じてしまいました。
[PR]
by karl.helmut | 2015-04-04 19:35 | News | Comments(0)