ブログトップ
松坂も見習ってほしい
球児、高知入り「喜び感じられる場所で」ブログ全文

四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスは1日、米大リーグ・レンジャーズを自由契約となっていた藤川球児投手(34)の入団が決まったことを発表。藤川は自身のブログで入団に至った思いを明かした。

ご無沙汰しております。自分の今後が決まりましたのでご報告致します。テキサスレンジャースを退団して、その後もメジャーリーグでプレーして欲しいという別の球団からのオファーを頂きました。非常にありがたいお話だとは思いましたが僕自身メジャーリーグだから、マイナーリーグだからプレーする、しないと言う理由でアメリカでプレーしない事を決めた訳ではありません。僕自身がアメリカで勝負するのはこれで最後にする!と決めていました... (Nikkansports.com 2015.6.1
確かに誰も予想だにしない意表をついた選択ですが、だからといって、「男気を見せた!」などと、黒田の選択と並べ賞するのはやめて欲しいもんです。黒田の場合とはレベルが全く違います。

そもそもこれって、単に阪神直Uターンじゃ恥ずかしすぎて、ワンクッション置くだけなのかもしれないし、実は阪神からのオファーがあったけど非常に低い評価だったのかもしれません。

テキサスレンジャースを退団して、その後もメジャーリーグでプレーして欲しいという別の球団からのオファーを頂きました。


これは誰がどう考えても嘘っぽい。
メジャー3年間で1勝1敗2セーブ、防御率5.74の成績で解雇された藤川を欲しがるメジャー球団があるとはとても思えません。

それでも、「メジャーで失敗した選手の日本復帰はこうあるべきだ」とかいう生き方を示したと見るならば、黒田には及ばないにせよ、松坂とか、中島とかよりはまだ評価に値するでしょう。
[PR]
by karl.helmut | 2015-06-02 01:30 | Sports | Comments(0)