ブログトップ
新聞は生活の必需品?
新聞も対象へ 定期購読契約で 駅売りは対象外

政府・与党は15日、週2日以上発行される定期購読契約の新聞を消費税の軽減税率の対象品目にする方針を固めた。駅やコンビニエンスストアなどで売られる新聞や、インターネット契約の新聞は対象外となる。新聞を対象としたのは、文字・活字文化の重要性を考慮するとともに、日常的に幅広い層の国民に情報を知らせるという公共性から生活必需品と同等であると判断したため... (Mainichi.jp 2015.12.15)
選挙対策でしかない公明党主導の軽減税率議論にはつくづくうんざりしていたのですが、ここに来て聖教新聞へここまで配慮するとは・・・

新聞を対象としたのは、文字・活字文化の重要性を考慮するとともに、日常的に幅広い層の国民に情報を知らせるという公共性から生活必需品と同等であると判断したため。

うそばっか。低所得者世帯は非生活必需品の新聞の定期購読なんかしてないでしょ。

政府も大手新聞に恩を売って、政権批判を封じようなどという魂胆まではないかもしれませんが、こういう時こそ、普段から政権政府を批判することを社是としている朝日なんかは、むしろ軽減税率を受けることなく政府と対峙するくらいの気概を見せて欲しいもんです。

対象になるのは宅配される新聞で、週2日以上発行される定期購読契約のものになりそうですが、ところで、完全宅配の恐怖新聞は対象になるのでしょうか?
[PR]
by karl.helmut | 2015-12-15 22:16 | News | Comments(0)