ブログトップ
そして手倉森は名将となった
【U23】日本、逆転3発 0-2から韓国撃破さあリオでメダル

◆16年リオデジャネイロ五輪最終予選兼U-23アジア選手権 ▽決勝 日本3-2韓国(30日、アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアム)
6大会連続10度目の五輪出場を決めている日本は、“宿敵”韓国を3-2で破り優勝した。2点を先制される苦しい展開も、後半15分途中出場の“切り札”FW浅野拓磨(21)= 広島 =が同22、36分と2発、同23分のMF矢島慎也(22)= 岡山 =の得点もあり逆転勝ち。手倉森誠監督(48)率いる日本は下馬評を覆し、1次リーグから無傷の6連勝で有終の美。アジア王者として8月のリオ五輪に乗り込む... (hochi.co.jp 2016.1.31
さあ、お決まりの「戦犯旗がスタンドに見えたので動揺した」とかのコメントはまだでしょうか?
または、「審判が日本寄りでジャッジが不公平だった」とか。
まあ、試合前に韓国協会が「日本は勝利の自販機」とかアホなスローガン出して、あからさまに喧嘩を売ってきたのは彼らですし、せいぜい火病ってください。

今日は序盤の日本の出来も悪かったけど、あそこまで韓国が最初からフルスロットルでぶっ飛ばし続けるとは思いませんでした。もし、グループリーグの同じ轍を踏まないように少しはスタミナ配分を考えていれば、後半の失速はなかったのにねぇ。

勝因である手倉森監督の的確な采配と、浅野選手の決して簡単でないワンチャンスを冷静に仕留める決定力には脱帽です。久保選手も良かったが、浅野選手はもっと良かった。私が監督ならA代表に呼んであげます。

それにしても、多くの日本国民は、勝っても負けても気分悪いので、本当にこの国とは二度と関わりたくないと思ってることでしょう。リオ本選で勝ち進んでも、もうマッチメイクがないことを切に願うだけです。
[PR]
by karl.helmut | 2016-01-31 22:08 | Sports | Comments(0)