ブログトップ
努力家の詐欺師
ショーンK氏がラジオで涙の謝罪「とてつもないご迷惑を…」騒動報道後初の肉声

経歴詐称が発覚し、活動を自粛した経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(47)が19日、自身がDJを務めていたJ-WAVE「MAKE IT 21」(土曜後9:00)の代替番組の冒頭に出演、涙ながらに「とてつもないご心配とご迷惑をおかけして心から申し訳なく思っています」と騒動を謝罪。16日発売の「週刊文春」が疑惑を報道して以来初となる肉声となった。騒動を受けてこの日、川上氏がレギュラーを務めていた同番組の放送が休止となり代替として「THE MUSIC SPECIAL - Remembering George Martin -」を放送。その番組の冒頭、川上氏が自らの口で謝罪の言葉を述べた...(2016.3.19 sponichi.co.jp
経歴詐称はもちろんイカンことですが、騙されていたと騒いでいるのは、ほとんどが彼を番組コメンテーターやイベントで起用していたマスコミであって、見ている我々からするとショーンK氏は、肩書きは本物の弁護士、医者、学者のコメンテーターよりは、遥かに穏健でマトモなコメントをしていたように思います。

まあ、経歴、資格を持ってますと嘘ついてた人間が一番悪いのですが、そのお粗末な嘘すら見抜けないどころか確認すらしていなかったマスコミにも問題アリです。もっと言えば、そんなまがいものが出演しても問題なく回る程度の番組が、マスコミを名乗って今の世論に影響を与える可能性があるとすれば、そのことこそ問題だと思います。

ただ、経歴詐称という点で過去のそれと感覚的に違って感じるのは、そもそも経歴詐称というものが楽して世渡りしようとする人間がやるという定説を覆して、彼が役割を演じるために知識を身につけたりする努力をしていたであろうというころです。(それ以上に人を騙すテクニックにも相当努力をしたであろうが)

冒頭にも書いたように、人を騙してきたことは非難されて仕方がないことですが、ショーンK氏に対しては、個人的には、高卒でここまで上り詰めてきたことはある意味凄い、頭が下がる、と率直に思います。

ただ今回の件では、多少の時間を置いたとしても、ダメージ的にはこれまで同様の復活はもはや難しそうなので、これはもう生まれ変わったつもりで開き直るしかないでしょう。
たとえば、
テンプル川上と改名して、たけし軍団にお世話になる。
テレ朝のしくじり先生に出演する 等々。

まあ、詐欺師も芸能人も紙一重だと考えれば、芸能界で生きていく活路は十分見出せると思います。

b0024824_22131293.jpgMBA講義生中継 経営戦略

ショーン・マクアードル川上 著
TAC出版 刊

b0024824_2213448.jpg即聴・即答ビジネス英語トレーニング[CD]―ショーンKの できるビジネスマンは1秒以内に英語を話す!

ショーンK 著
アルク出版 刊
[PR]
by karl.helmut | 2016-03-19 21:11 | Others | Comments(0)