ブログトップ
こういう時の副知事なんで
舛添都知事、リオ五輪言い訳に異例の「延命要請」

東京都の舛添要一知事(67)は13日、自らの政治資金公私混同問題を受けて行われた都議会総務委員会の集中審議で、異例の「延命要請」を行った。野党提出の不信任決議案が可決された場合、8月のリオデジャネイロ五輪中に都議選か都知事選になるとして、「(提出に)少しの猶予をいただきたい」と訴えた。リオ五輪後の辞任を示唆する半面、五輪を盾に辞任要求を制した形で、反発が強まりそうだ。この日、自民以外の会派が即刻辞任を求めた。「製造者責任」を持つ自民党の対応が焦点だ... (Nikkansports.com 2016.6.14
このネズミ男、有終の美としてなんとしてもオリンピックで引継ぎをやりたいのだろうけど、それを「国益?」、「東京の名誉?」、「混乱を避ける?」って、何なの? 一体、どの面下げて言ってるんでしょうか。
まあ、本心は公費でリオに家族旅行したいんでしょうけどねぇ。
いずれにしてもリオの閉会式は、3人の副知事の中の誰かが行けば十分です。

舛添さんの言う勝手な理由は、オリンピック開催の直近で次期開催地の首長が替わっていいのか? という意味のようですけど。。。

でも、そんなん何ら問題ありません。ノープロブレム。
当の開催国のブラジルでさえ、ジルマ大統領が弾劾裁判で職務停止処分になって、オリンピックセレモニーに出席できませんので。

それでもどうしても行きたいと言うのなら、個人の立場で行ってください。もちろん、この手の輩は日本には必要ないので、戻ってきても入国拒否の措置でお願いします。
[PR]
by karl.helmut | 2016-06-14 22:18 | News | Comments(0)