ブログトップ
単なる世間知らずのスベリ芸
古市憲寿氏、小沢一郎氏を激怒させる「再婚相手は見つかった?」 ネット党首討論中に質問

参院選(6月22日公示、7月10日投開票)を前に、6月19日夜、ネット企業10社による「ネット党首討論」が開かれた。自由民主党・安倍晋三総裁ら9党の党首が消費税や憲法について激論を交わす中、司会で、社会学者の古市憲寿氏が、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表に対して「再婚相手は見つかったんでしょうか?」と質問。小沢代表が怒り出す一幕があった.... (huffingtonpost.com 2016.6.19
小沢代表はムッとした表情を浮かべ「それは今日のテーマでしょうか。興味でこういう討論をするんじゃないんじゃないですか」と首をかしげ、質問には答えなかった。

そりゃアンタ、政党支持率0.1%を誇る「生活の党と山本太郎となかまたち共同代表」のオザーさんに対して失礼じゃないですか。

この古市って人、「若者の代弁者」ネタを周りに持ち上げられ、本人も「支持されてる」と勘違いして調子に乗っているというイメージしかありません。そして今回分かったのは、それに加えて、公の場での振る舞いも分からない礼儀知らずでもあったということです。

この前も「ハーフは劣化が早い」とか意味不明な発言をして、それをちょっと叩かれたらあっさり撤回したように、メディアでのコメントも社会学者というほどの分析もないし、ただ思っていることを喋っているだけ。アタシには、なぜ、この人がメディアに出ているのかがさっぱり理解できません。しゃべっている内容も、そこらの芸人とあまり変わらない同レベルだし。

とかくメディアでは「若い」からと取り上げ、もてはやす場合があるのですが、「若さ」路線だとしてもせめて荻上チキ氏くらいの賢さとツッコミ力がないとねぇ。

人間いろいろと露出が多くなると、行儀の悪さや無作法さが馬脚を現すという良い例です。
[PR]
by karl.helmut | 2016-06-20 22:37 | News | Comments(0)