ブログトップ
陰謀の影?
日本勢に謎の症状…体調不良者が続出 フィギュアGPファイナル

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは16日までロシアのサンクトペテルブルクで行われ、男子2選手、女子3選手が出場して期待された日本勢は男女とも優勝を逃した。(中略)
高橋は演技が進むにつれて動きが鈍り「滑っているときにおなかが気持ち悪くなり、寒気がしてきて、やめようかと思った」。安藤も腹の具合が悪く「試合に入ったらいけるかと思ったが、震えがきてしまった」と話した。(中略)
女子SP1位から逆転負けした浅田真央(愛知・中京大中京高)も鼻声。本人は「風邪ではないと思う」と変調を否定したが、日本チーム関係者は「彼女は頑張るけど、ちょっと様子がおかしかった」。女子4位となった村主章枝(avex)も「体調的に良くなかった。毎日眠れなかった」と話すなど、日本勢は謎の症状に襲われた。 (Sanspo.com 2006.12.17

グランプリファイナルが行われた場所が、今物議をかもしている元ロシア連邦保安局(FSB)中佐・リトビネンコ氏の変死(毒殺)事件に関与が疑われているロシアだけに、何やら薬物による陰謀を感じるのは私だけでしょうか? (笑)

世界はいつも陰謀と疑惑にまみれています。
[PR]
by karl.helmut | 2006-12-18 00:34 | Sports | Comments(0)