ブログトップ
勘違いしている男たち
オリックス・中村紀、客寄せ料要求 清原さんとオレは看板選手や

成績不振の責任を問われ、下交渉で今季2億円から半減前後の仮提示を受けているオリックスの中村紀洋内野手(33)が25日、代理人の茂木立(もぎたて)仁弁護士を通じて球団に対し、「客寄せ貢献料」としての減俸減免を新たに要求した.... (Chunichi web 2006.12.26

球団から今年の年俸2億円からの大幅ダウンを提示されているオリックスの中村紀洋が、わけのわからない論理を展開している。
今シーズン、85試合、打率232、本塁打12本、打点45 という散々な成績でありながら、今なお自分が"看板選手"だと勘違いしているようです。

こんな成績で1億以上の年俸を貰えること自体が恵まれているということに早く気がつくべきです。

高い?安い?桑田のHP「6000円」

大リーグ、パイレーツ入りを表明した桑田真澄投手(38)が24日、公式ホームページ(HP)の「PITCHEO DE CORAZON(ピチェオ・デ・コラソン)」を開設した。スペイン語で『心の投手』を意味するページは、背番号18にちなんで18時(午後6時)にオープン。しかし、会員専用のページは有料で、入会金1000円、年会費5000円(ともに税込み)が必要となっている.... 
Daily Sports 2006.12.25

桑田投手の公式ホームページが今までなかったということも意外だが、事実上、日本球界から自由契約になった下り坂の選手のサイトを有料にして、一体どれだけの人間が見ると思っているのだろうか?
サイトの名前がスペイン語というのも意味不明だが、有料ならばさぞかし内容充実、貴重な情報が満載なのであろう。(笑)

こんなところで小金を稼ぐようなセコイことを考える暇があるのなら、パイレーツのメジャー契約を目指すことに専念して欲しいものである。
[PR]
by karl.helmut | 2006-12-29 20:43 | Sports | Comments(0)