ブログトップ
最後は欽ちゃん球団があります
ノリも「架空のキャンプ」イン

オリックスを自由契約になった中村紀洋内野手(33)が1日、大阪府堺市の旧新日鉄堺グラウンドで練習を行った。新しい所属先がまだ決まらず、自分自身で「架空のキャンプ」と位置づけての練習。三塁の守備練習やフリー打撃などで、2時間精力的に動いた。白と黒のスポーツウェアで練習に臨み「1日も早くユニホームを着たいですが(連絡を待つ)期限はいつまでとも決めていない。手を挙げて下さる球団を待ち続けます」と語った。 (NikkanSports 2007.2.1
架空のキャンプ」などと言葉遊びをしている間に、本当に自分自身が「架空のプロ野球選手」になりそうな状況です。

ロッテ、ヤクルトもダメ、世の中はついにキャンプインしたというのに、依然移籍先が見つからない中村紀洋。プライドに溺れて、自身が置かれている現状認識を見誤った言動のツケは大きかったということです。

最後の可能性として日本ハムがわずかに獲得の可能性を残しているものの、ファンや球団イメージを大事にする球団なので、やはり現実的には厳しそう。
こうなったらもう、へたなプライドは捨てて、最後は吉本興業か欽ちゃん球団しかないでしょう(笑)。

P.S.
こんなオファーも来ているようです。
→ 谷川P ノリに救いの手「K-1来い」

さすが、"人気者"だけあって、各方面から引く手あまたのようです。
[PR]
by karl.helmut | 2007-02-01 23:02 | Sports | Comments(0)