ブログトップ
格調高い史劇だそうです
大河ドラマ、例えば明治天皇を主人公に

NHKの再来年の大河ドラマは「天地人」だという。上杉景勝の家臣、直江兼続が主人公だ。舞台は戦国時代である。今、放送中の「風林火山」は、川中島合戦に至る戦国物。来年は「篤姫」で幕末。昨年の「功名が辻」は、山内一豊夫婦の話で、戦国。そこから2000年まで遡(さかのぼ)ると、順に「義経」「新選組!」「武蔵」「利家とまつ」「北条時宗」「葵徳川三代」となる。(中略)
戦国を根掘り葉掘りするのもいい。しかし、たとえば天智天皇や明治天皇でも主人公にした、格調高い史劇を1年間、見せてくれたらとも思う。国民の教養のために。 (Sankei.web 2007.5.26
確かに大河ドラマ化する歴史上の人物もネタ切れ気味。
もう平成の世なので、近代史でも明治~大正時代なら十分時代劇としてアリじゃないでしょうか。

とは言っても、そこでいきなり"明治天皇"というところは、さすが目のつけどころがサンケイです。
もっとも、ライトウィング本流の人からすると、少なくとも昭和天皇より前は現人神なので、大河ドラマの主人公にするなど不敬極まりないというクレームがあるかも???

個人的にはドラマ化なら明治天皇よりも、謎のベールに包まれている大正天皇のほうが見てみたい。
いわゆる「遠眼鏡事件」なんかの真相を....(言ってしまった!!)
[PR]
by karl.helmut | 2007-05-29 21:25 | Others | Comments(0)