ブログトップ
「負けたら切腹宣言」をお願いします
亀田大毅、10・11有明で内藤との世界戦が決定

世界戦の発表会見が16日、都内であり、亀田3兄弟の次兄・大毅(18)が10月11日、有明コロシアムでWBC世界フライ級王者の内藤大助(32)に挑戦することが正式決定した。世界奪取なら18歳9カ月5日で、国内の史上最年少奪取記録を更新する大毅は、会見で王者を“ゴキブリ呼ばわり”。両者のファイトマネーが総額3億円(推定)に達するビッグマッチで、神秘に包まれた大毅の実力が判明する.... 
Sponichi Annex 2007.8.17
日本タイトルや東洋太平洋タイトル戦も経験していない選手、おまけにフライ級で試合をしたこともないのにWBCの15位にランクインされる選手が世界挑戦。

世界チャンプをゴキブリ呼ばわりする下品、下劣さは相変わらず。
自分がゴキブリ以下だということを認識しているのだろう。

WBAフライ級チャンピオンの坂田選手を挑発していたときにも、「坂田に負けたら切腹したる」と息巻いていた大毅クン。この内藤選手との試合でも同じように宣言してもらいたい。そうでなければ、これがただの世界戦で終わっては面白くない。

ところで、この記事でもスポニチの記者は皮肉をこめてちゃんと書いている。

大毅にとって、無名の外国人選手以外とは初対戦。パフォーマンス、歌謡ショーに隠れ、誰もが把握できなかった大毅の実力が明かされる時がきた。

間違いなく明かされることでしょう。
内藤選手はきっちりKOで倒して、このバカ親子を永久に無視したらいい。
[PR]
by karl.helmut | 2007-08-18 22:14 | Sports | Comments(0)